【3歳児】子供の成長が遅い。温かい目で見守りましょう【経験談】

スポンサーリンク
【3歳児】子供の成長が遅い。温かい目で見守りましょう【経験談】子沢山子育て
スポンサーリンク
30代ママ
30代ママ

我が子の成長が平均に比べるとちょっと遅いような気がして心配。相談するべきかな?

こんまむ
こんまむ

我が家にも成長ゆっくりの子供が居ます。子供それぞれ成長するペースが違うので大丈夫かと思ってましたが、一応健診の時相談しました。そしたら発達センターに行くよう勧められています。

子供の成長って「〇〇歳でこのぐらい」って平均値はあります。他の兄弟もだいたい平均的に成長してきました。

それに比べて「やはり他の子に比べてちょっと遅いのかな?」とママが気づく事が何よりも大事なのではないでしょうか。

  • なんかしゃべらないな?
  • ジャンプが出来ない
  • 走るのが不安定
  • 体重が増えないな・・・
  • 話しかけても振り向かない

など子供によって色々が気づきがあると思います。

そういった場合、まず相談してみる事が大事になってきます。

実際に我が子は小児科の10か月健診にて平均的な成長より遅いため、発育センタ―に行く事を勧められました。

病院や発育センターに通っていはいるものの、今は成長を促すようにする事しか出来ません。

どのように成長を促すのか、またどのような指導を受けて言うかなどを今回は解説していこうと思っています。

 

スポンサーリンク

【3歳児】子供の成長が遅い。温かい目で見守りましょう【経験談】

【3歳児】子供の成長が遅い。温かい目で見守りましょう【経験談】

他の子に比べて、ちょっと成長が遅いと不安になるのは確かではあります。

私は専門家ではありませんが子沢山の経験から、

「ちょっと我が子は成長が遅いのかな?ちょっと引っかかるな?」って思うママの気づきが何においても大事です。

心配事はまずは相談

3歳ともなれば、

  • お話しも出来るようになったり
  • 親が話している事もだいぶ理解出来るようになる
  • 遊ぶのも上手になる
  • 運動も走ったりジャンプなど出来る
  • ご飯も自分で上手に食べれる

この辺りが出来るようになっています。体操教室も3歳ぐらいからありますからね。

この普段の生活の中で、もしくは同じようなお子さんと会ったと時などにふと気付いたりします。

もちろん、他の子とくらべるつもりではありませんが・・・。

まずはお子さんの気になる点を子育て支援センターの電話問合せや健診時、もしくは小児科さんへ相談してみる事です。

問題なさそうならママの不安も取り除かれますし、何かあるようでしたら早目の対応が子供にとっても良いですからね。

こんまむ
こんまむ

6人目という事もあって成長は少し遅いけど大丈夫だろうと思っていましたが、相談して良かったなと思っています。

気になる点があれば発育センターと病院

お住まいの地域に子育て支援などから発育センター等がある場合はそちらを勧めれますし、もしくは大きな病院へ行く事を勧められます。

この様な施設は混み合っていて、予約がだいぶ先になるかもしれません。

こんまむ
こんまむ

言葉が遅いと健診で引っかかった子も居ますが、病院へ行く事などは勧められなかったです。やはり診察が必要な場合は、確実に発育センターや病院へ行く事を勧められるという事です。

大きな病院へ行った場合色々な検査をするかと思いますが、何も問題無ければママの不安も取り除かれます。

何かあった場合は、早目の対処は子供にとっても良いことです。

こんまむ
こんまむ

実際に我が子も

  • 血液検査
  • MRI
  • 聴覚検査
  • 心臓検査
  • サイトメガロウイルス感染検査

など行いました。特に引っかかるところは無かったですが、一先ず様子見です。

発育センターや病院での診察や経過観察

発育センターでは子供に合わせての経過観察をするように勧められます。

お住まいの地域の発達センターによって変わってかもしれませんが

  • 理学療法
  • 語学療法
  • 作業療法

など進めていきます。

こんまむ
こんまむ

実際に我が子は赤ちゃんのハイハイが出来なかったので理学療法から始まっています。

のちに言葉が出ないので、語学療法も同時進行して進めています。

理学療法や語学療法では、子供を遊ばせながら成長状況を見ます。また家でどういった成長を促しをするべきかなどアドバイス頂けます。

また発達センターでは

  • 新版K式発達検査2001

も行ったりします。

この検査は、乳幼児や児童の発達の状態を、精神活動の諸側面にわたってとらえることができるように作成されています。発達の精密な観察を行い、精神発達の様々な側面について、全般的な進みや遅れ、バランスの崩れなど発達の全体像をとらえるための検査であって、発達スクリーニングを目的としたものではありません。

引用:(独立行政法人)国立特別支援教育総合研究所

こんまむ
こんまむ

ブロックを積んだり絵を指差ししたりして検査します。

今の我が子の行動や言語の成長が、実年齢とどのくらい差があるのか分かるようになります。

【経験談】実際に通ってみて

我が子場合は大きな病院での診察では貧血だったくらいで、いたって大きな病気は見つかっていません。

また発達センターでは、「理学療法」と「語学療法」を進めています。

「理学療法」では浮足や偏平足がわかり、足底板を作って貰ったり下駄を履いて歩く練習をしています。

歩き始めが遅く、よく転び、何となく不安定な歩き方で平均的なペースより遅めで3歳にしてはまだジャンプは出来ませんが、少しずつ成長は見られています。

「語学療法」では遊びながら、どのくらい理解して自分で言えるかなどを様子見ています。

こんまむ
こんまむ

運動面や言語面での具体的な促しや声掛け方法など教えて頂いています。

何よりも成長は子供それぞれであります。成長は平均的には遅いですが、少しずつ成長しているのであれば温かく見守ってあげる事が大事ではないでしょうか。

先生たちがおっしゃっていたのが、子供が劇的に成長するのはやはり集団行動だそうです。

そんな時期にもしかしたら大きく成長するかも知れません。

3歳児と言えども子供の成長はそれぞれ。温かい目で見守りましょう

3歳児と言えども子供の成長もそれぞれ。温かい目で見守りましょう

何となく3歳手前になると、もうすぐ幼稚園も始まるし同じ年の子の生活に後れを取るのではないかと心配にはなります。

しかし子供一人一人成長の速度も違いますし、現代の発展に大きく功績を残した「アインシュタイン」も5歳まで言葉を発しなかったそうです。

ご両親は大いに心配なさったそうですが・・・。

何をきっかけに子供が急成長する理由は、先生にも「コレ!」とハッキリは言えないと言ってました。こういった事例があるといった感じだそうです。

なので子供が成長が遅いから出来ないからっておしりをたたくのではなく(多少子供に合わせた促しは必要になるかもしれませんが)、温かく見守ってあげるのが一番なのではないでしょうか。

こんまむ
こんまむ

たとえ成長は遅くても、子供が元気でなければ何も出来ませんからね。

元気で生きてくれている事がまず第一と思って、一緒に温かく見守っていきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました